読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX失敗談・株失敗談まとめブログ

人は成功よりも失敗から多くを学ぶといいます、そんな失敗のエッセンスを集めてみました。投資を成功させたい人御一読あれ。



ワラントで利益を追求したのが失敗でした

ワラント

f:id:rankasan:20161024092126j:plain

Tさん(40代)

私自身がSBI証券の口座開設をしたのは、今から約3年前の事になります。そして、ちょうどそこで、1回あたりわずかな掛け金で投資が可能なうえに、失敗をしても大抵の銘柄の品目での場合には、元本がそのまま返ってくるという内容の仕様になっていた商品でしたので、当時は安心をしていました。

初めてのワラントの商品を扱うという始まりとなりましたが、最初は上昇傾向である3500円分のワラント本数の銘柄を購入して、それで試しの売り行為にのぞみましたが、それが見事に成功して、なんと約2倍の6500円分の利益が出る結果になりました。この勢いに乗り、私はそれ以来、ある程度徐々に購入本数を増やしなが計4回分挑戦し、見事元本分の2倍を上回る利益を出すに至りました。しかし実はここからが、私の失敗の連続になり、10万円以上もの損失を出してしまうといった結末になります。

私は4回目までの好調さの勢いに任せたまま、今度は5万円分のワラント銘柄の本葬分の品目を購入して、売り出しへのぞみました。それが過ちの始まりでもありました。

今度の銘柄は相場の上下が大きく、元本の回収自体が難しいという内容のものでしたが、相場次第では高い利益がのぞめるようなものでしたので、大丈夫だろうといった楽観的な見方を私はしていました。しかしそれがとんでもない事態になってしまいます。

その銘柄のワラント商品の相場はみるみる下がり、元本分を割る約3万円分の損失を出す結果になってしまいました。これが最初の失敗でした。ここで戦略を変えて、私は別の銘柄の購入を行い、逆に下がる相場のものを購入して売却にのぞみましたが、相場が上がる傾向が全く無く、今度はこちらでの損失が出てしまい、約8万円分もの赤字となってしまいました。7回目の挑戦での事態でした。

やはりその当時の時期にもよりますが、元々ワラント自体はあまり利益が出るような商品ではありませんでしたので、さらなる収益に目がくらんだ私自身に原因があったので、それを反省をしてこれ以来、ワラント商品は一度も扱っていない状態でもあります。