読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX失敗談・株失敗談まとめブログ

人は成功よりも失敗から多くを学ぶといいます、そんな失敗のエッセンスを集めてみました。投資を成功させたい人御一読あれ。



大統領選に掛けてFXで大きく勝負に出た結果…

外為取引(FX)

f:id:rankasan:20160627103314p:plain

K.Tさん(30代)

これはある友人が私に涙目で語った失敗談です。友人は外為どっとコムで契約していました。友人の性格上普段は慎重で対ドルや対ユーロに対して経済ニュースやパソコンを2台以上を駆使してトレードを行っていました。

ちなみに上記以外の他の通貨には興味がなく一度も取引をしたことはありませんでした。

私がポンドはどうかと言ったときは、友人はイギリスがEUから抜けるから興味がなくなったと言っていました。対ポンドの取引もしようとしていたがやめた模様です。そんな友人が思い切った勝負に出たのです。

それはアメリカ大統領選挙に関係する対ドルの動きでした。時期にすれば2016年の11月のことです。

友人はクリントンが勝つと見込んで利益は薄いが確実に儲けると踏んで、アメリカの世論調査や周りの投資家たちの意見を参考に大波乱が起きないだろうという前提でこれまで稼いできた利益の半分以上をつぎ込んだのです。

するとあろうことかトランプ氏の優勢が伝えられると、対ドル相場は乱高下を始め、一時101円台まで落ちたのです。

11月8日の前日までは円に対するドルの価値は105円台で推移していました。それがその日だけでなんと4円も動いたのです。

友人は50銭程度の円安を想定していて105円台で10万ドルを買っていたそうです。つまり4円動いたのであれば、その時点で4×100000なのでその日だけで40万の大損です。

その後すぐに売り注文を出した友人はかなり焦ったそうです。

私は友人に1日で4円も為替が動くのか聞いてみたことろ、友人は近年まれに見ない動きだと私に説明しました。

普段の為替相場は動いても対ドルならせいぜい50銭程度、荒れても1円動くか動かないかと言っていました。

最後に友人はこれまで稼いだ半年間の利益がこの1日でなくなってしまったと私に愚痴をこぼしていました。