FX失敗談・株失敗談まとめブログ

人は成功よりも失敗から多くを学ぶといいます、そんな失敗のエッセンスを集めてみました。投資を成功させたい人御一読あれ。



掲示板の書き込みを信じて株を購入したのが失敗でした

f:id:rankasan:20160125105011j:plain

N.Yさん(20代)

20代の会社員で兼業投資家です。投資元本200万で運用しております。

2015年12月頃、バイオベンチャーであるR社の株式を26万程度投資しました。というのも、ある株式投資向けの掲示板を閲覧していたらこのR社の株式の書込があったからです。

書込によると当時大手製薬会社と共同研究がおこなわれ実験に成功してライセンスを取得できるという内容でした。

そこで、私はHPを確認しました。R社は自社創薬と他社との共同研究で医薬品のライセンスを取得しロイヤリティを得ることを事業としている会社です。

さらに掲示板の書込通り大手製薬企業との共同研究が順調に進捗している情報があり、株価もライセンス取得を睨んで右肩上がりだったため投資を決意しました。

年末ということもあり日経平均株価は順調だったのですが、翌2016年ご存知の方も多いでしょうが原油価格の下落・中国経済の減速懸念・欧州金融不安など市場環境が大幅に悪化しており日経平均株価は暴落しました。

それに連れて市場全体も軟調な展開となりR社の株価も軟調となりました。

2016年1月初旬、R社からIRが発表されました。その内容は大手製薬企業との共同研究が3つ進んでいたが2つは2015年末で契約期間終了、このことにより当期の業績を下方修正します、という内容でした。

このIRを市場は良しとせずにR社の株価も大幅に下がりました。

私は①研究が2つ契約終了ということで目論見が外れた、②当時の市場が軟調なので買値まで戻るのには時間がかかるだろう、この2つの理由によりR社の株式を15万程度で損切しました。

結果としては11万の損切、投資元本を5%程度減少させることとなりました。

この失敗により、①掲示板の書込は参考程度にすること、②右肩上がりの株式を買うのは控えるべき、③バイオベンチャーという自分に理解しにくいものには手を出さない、以上の3つを学びました。

①は当時を振り返るとR社のHPを確認したはいえ一番の投資理由は掲示板の書込だったので、以降は自分でその銘柄が良いかどうか財務諸表を詳細に見ていくこととしました。

②は当時のR社の株価は右肩上がりで私が投資したときは株価が天井でした。以降は、良い銘柄があっても株価が上がっていたら、様子見をすることとしました。

③はバイオベンチャーは私自身まったくわかりませんでした。なので、専門家でもないと詳細がわからないものには手を出さず自分で理解できる事業に投資するようにしました。